Bout Wiki
Advertisement
Bout Wiki
1,185
ページ
クリス・ワイドマン
通称 All American
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1984年6月17日(37歳)
出身地 ニューヨーク州ボールドウィン
身長 187cm
体重 84kg
リーチ 198cm
階級 ミドル級UFC
スタイル レスリング、ブレジリアン柔術
ボクシング、キックボクシング
所属 Serra-Longo Fight Team

クリス・ワイドマンChris Weidman1984年6月17日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ニューヨーク州ボールドウィン出身。Serra-Longo Fight Team所属。

獲得タイトル[]

  • Ring of Combatミドル級王座

来歴[]

ホフストラ大学在学時、レスリングで2度のオール・アメリカンとなった(2006年 197ポンド 6位、2007年 197ポンド 3位)。

2009年2月20日、24歳8か月でのプロ総合格闘技デビューとなった「Ring of Combat 23」でルーベン・ロペスと対戦し、チキンウィングアームロックによる一本勝ちを収めた。

2010年9月24日、「Ring of Combat 31」で行なわれたROCミドル級タイトルマッチでユライア・ホールと対戦し、TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2011年3月3日、26歳8か月でのUFC初参戦となった「UFC Live: Sanchez vs. Kampmann」でアレッシオ・サカラと対戦し、3-0の判定勝ちを収めデビュー以来5連勝となった[1]

2011年6月11日、「UFC 131」でジェシー・ボングフェルトと対戦し、1R残り6秒でギロチンチョークによる一本勝ちを収めデビュー以来6連勝(UFC2連勝)となった。また、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[2]

2011年11月19日、「UFC 139」でトム・ローラーと対戦し、ダースチョークで失神させ一本勝ちを収めデビュー以来7連勝(UFC3連勝)となった[3]

2012年1月28日、「UFC on FOX: Evans vs. Davis」でデミアン・マイアと対戦し、3-0(29-28、29-28、30-27)の判定勝ちを収めデビュー以来8連勝(UFC4連勝)となった。当初は2-1(29-28、28-29、29-28)の判定勝ちと発表されたが、訂正された[4]。また、当初マイアと対戦予定であったマイケル・ビスピンチェール・ソネンと対戦することになったため、マイアと急遽対戦することになった。

戦績[]

総合格闘技[]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 2 3 3 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
デミアン・マイア 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX: Evans vs. Davis 2012年1月28日
トム・ローラー 1R 2:07 ダースチョーク UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月19日
ジェシー・ボングフェルト 1R 4:54 ギロチンチョーク UFC 131: Dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
アレッシオ・サカラ 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Sanchez vs. Kampmann 2011年3月3日
ヴァウジール・アラウージョ 5分3R終了 判定3-0 Ring of Combat 33 2010年12月3日
ユライア・ホール 1R 3:06 TKO(パンチ連打) Ring of Combat 31
【ROCミドル級タイトルマッチ】
2010年9月24日
マイク・スチュアート 1R 2:38 TKO(パンチ連打) Ring of Combat 24 2009年4月17日
ルーベン・ロペス 1R 1:35 チキンウィングアームロック Ring of Combat 23 2009年2月20日

脚注[]

外部リンク[]

Wikipedia[]

Advertisement