Bout Wiki
Advertisement
Bout Wiki
1,185
ページ

与国 秀行(よくに ひでゆき、旧姓谷山 秀行1976年6月6日 - )は、日本の作家、思想家、宗教家。東京都杉並区出身。1990年代、関東一辺に悪名を轟かした元カリスマアウトロー。現在、市民団体「ミスマル会」代表。

来歴[]

幼少期[]

旧姓谷山。父は在日韓国人、母は日本人の間に生まれる。東海大望星高校卒業。既婚者で子供はいない。趣味は筋トレ、仏教関係の読書。松本人志のファンであると発言している。

不良時代[]

それなりに裕福な家庭だった。1990年代「関東最強の不良」と言われ、小学校高学年から警察沙汰の問題を起こしたり、筋トレに励むなど、かなり早い時分から不良の世界に足を踏み入れている。「男の強さ」を追求するうちに地元杉並の頭となり、チーマー全盛期において、東京を始め関東近辺に悪名を轟かせる。

自身のブログや『ジ・アウトサイダー ~男たちの狂宴』によると、もともと家はいわゆる成金で、金に困ることはなかったそうだが、バブル崩壊とともに倒産。原付の荷物入れに生活道具を詰め、親戚の家を泊まり歩いたり、ラーメン屋の倉庫で寝泊まりするホームレス生活を経験している。その後、喧嘩に明け暮れる日々から脱却するべく沖縄へ渡る。この頃から、喧嘩三昧の不良の世界に疑問を感じ、暴力の世界から身を引き始める。 レゲエグループ湘南乃風の若旦那の自伝的マンガ『センター』に登場する喧嘩最強の大山は谷山(与国)がモデルであり、 また関東連合元幹部の柴田大輔が執筆した『聖域』に登場する「都内喧嘩最強の杉並の先輩・谷川」なる人物は、「谷山・与国」のことであると自身のブログで告白している。

 タバコ、薬物やカツアゲ、レイプが横行した不良世界において、そういった「裏社会の悪事」には一切手を出さない硬派としても知られた。喧嘩の強さだけでなく、そのこだわりのない人柄が多くの人に慕われた。

 ブログによれば「不良の神様」などと呼ばれる一方[3]、幼い頃からYMCAと関わりを持ち、キリスト教の教義に触れる。成人後はボランティアとしてYMCAの活動に関わっている。YMCAのボランティア仲間は、本人が「不良の神様」であることなど全く知らず、頭を引っ叩くなど、かなりフランクな付き合いをしていたらしい。

 『芸能界.COM』のインタビューで[[1]]の[(ミュージシャン)|若旦那]は、谷山(与国の旧姓)が不良を辞めた理由として語っている[1]

格闘家の[[2]](キッド)とも、少年時代の親友であり、ファッション雑誌『Ollie』でも共に掲載されており、彼と[[3]]の結婚式でもスピーチしている。その縁もあって[[4]]主催の[OUTSIDER|THE OUTSIDER][2]に出場した。

[[5]]の[[6]]こと柴田大輔の『[関東連合の真実|いびつな絆 関東連合の真実]』等の書籍や本人の発言によれば、関東連合リーダーで、2012年9月に起きた「[[7]]」の主犯とされる国際指名手配中の「残虐王子」こと見立真一とは、杉並区立東田中学校の先輩と後輩の関係であるが、谷山(与国)は関東連合のメンバーではない[3]。なお、本人のブログ等の話によれば「六本木クラブ襲撃事件」のキッカケとなった2008年の[[8]]で殺害された金村は与国のかつての仲間であり、先輩であり、ライバルであったという。

作家としての活動[]

 沖縄で「太陽の法 」(大川隆法著)に出会い、幸福の科学の存在を知り、喧嘩三昧の悪なる生き方と決別。  人間の心について学ぶ傍ら、執筆活動にも力をいれ、自分の学んだことを一人でも多くの人に伝え、心について学んでほしいという思いから、自身のブログを持つようになる[4]。  自費出版で本を2冊発刊(優しき心への水・v2ソリューション、優しき心への水・ミスマルライブラリー)。  この頃、結婚を期に「谷山」から、妻の姓「与国」に名前を変えている。

 2005年に作家としてのデビュー作『優しき心への水』を執筆。

格闘技への挑戦[]

 2008年3月30日、前田日明が旗揚げしたTHE OUTSIDER第壱戦のメインイベントに生きる都市伝説として出場。加藤友弥と対戦するも敗退。

 また、2008年11月24日にはシュートボクシングS-cup 2008」に前座として出場。菱田剛気と対戦し、判定負けを喫した。

 本人は「訴えたいことがあるけれど、どうせ心の話など誰も聞いちゃくれないから、あえて嫌いな格闘技に出場する」とブログなどで言っていたことから、試合に勝つことより啓蒙活動、自身の訴えを広げることに重点を置いての出場とみられる。

 2014年に「ザ・おやじファイト」にも出場し、ボクシングルールで酒井秀信氏と対戦し、3R判定負け、その足で渋谷ハチ公前にて演説を行い、政治の大切さを訴えた。

衆院選への出馬

2009年2009年6月3日、宗教団体「幸福の科学 」(大川隆法総裁)が設立した政治団体「幸福実現党」から、衆院選への立候補を表明。  THE OUTSIDER第参戦公式パンフレットで前田と対談した際は、政治家になるつもりはなかったようだが、「国難の時だから」と立候補を決意。「私も立ち上がるので皆も立ち上がってほしい」と呼びかけた[5]。  第45回衆議院議員総選挙において、東京都第12区から出馬するも落選。 衆院選終了後、妻とともに暴漢に襲われ、左眼を失明。本人は「目ん玉いっこ取られて、得るものがあった」と、雑誌の取材で答えている[6]。  ネットのウワサによると関東連合が金属バットで襲撃。本人は関東連合の関与を否定。被害者届けも提出しておらず、犯人も捕まっていない。

 ブログタイトルやプロバイダを変え転々としながらも、一貫して宗教の意味と、霊の世界の実証を訴える。精神世界やスピリチュアル、宗教や哲学について、かなり深い洞察を持ち、衆院選出馬後は国家の大切さなど、政治的な思想もブログで公開している。幸福の科学の会員。  『「幸福の科学」はどこまでやるのか 』によれば、衆院選を期に2010年に幸福の科学の職員となっている。  ※現在、伊勢原支部にて支部長を努めている。

一般社団法人『武士道』[]

2011年からYouTubeのアカウントを作り、YouTuberとしての活動を始め、2016年に『武士道を行く』と『大和魂の復活』の2冊を執筆。 しかし2000万回のアクセス数、5万人以上のチャンネル登録数があったアカウントがBANされ、その後も新たにアカウントを作成するが、2020年の時点でメイン、サブ合わせて合計4個のアカウントがBANされている。YouTubeでは様々なジャンルの都市伝説を語っている。

2017年は『貧困繫栄国家 - 超格差社会を粉砕せよ』を執筆し2018年に『神秘の国 日本』を執筆。また、一般財団法人「武士道」を立ち上げている。

2019年から不定期で街宣活動をしており、イベントなども行い、全国各地で講演等も行っている。2020年にオンラインサロン『武士道・草莽志士の集い』を始めた。

エピソード (『ジ・アウトサイダー 男たちの狂宴』やブログによると)[]

  • ボクシングのライセンス試験に2度落ちている。
  • ボランティア活動で子供たちから笑いをとるために“波平さんカット”にするもドン引きされる。
  • 小学校5年から母親に連れられ六本木のオカマバーに出入りしていた。
  • タバコも吸ったことがなく、中学生時代、タバコを吸う友人がいたら引っ叩いていた。
  • 中学時代の趣味は焚火とギター。焚火研究会の会長をつとめた。
  • 音楽グループ『湘南乃風』のメンバー若旦那が不良をやめた理由として彼をあげている。芸能界.com

交友関係[]

戦績[]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 加藤友弥 2R 1:40 TKO(パウンド) THE OUTSIDER 2008年3月30日
× 菱田剛気 2分3R終了 判定0-3 S-cup 2008年11月24日[4]

著書[]

  • 谷山秀行 著『優しき心への水』ブイツーソリューション、2005年7月20日(星雲社)、[978-4434065392]
  • 与国秀行『優しき心への水』ミスマルライブラリー
  • 与国秀行『日本最大の国難 - 目に見えぬ黒船の来航』ミスマルライブラリー、2010年3月24日、[978-4990274917]
  • 現代宗教研究会『「幸福の科学」はどこまでやるのか』2014年4月3日発行、ISBN 978-4-86395-451-9
  • 『武士道を行く』ミスマルライブラリー、2016年8月15日、 [978-4990274924]
  • 『大和魂の復活』ミスマルライブラリー、2016年11月19日、[978-4990274931]
  • 『貧困繫栄国家 - 超格差社会を粉砕せよ』ミスマルライブラリー、2017年2月、[978-4990274948]
  • 『神秘の国 日本』ミスマルライブラリー、2018年5月14日、[978-4990274962]

脚注[]

  1. 『芸能界.COM』湘南乃風の若旦那が不良を辞めた理由とは[2]
  2. リングス公式サイト「THE OUTSIDER 第01戦 IN ディファ有明」
  3. 関東連合の真実
  4. https://miruhon.net/52845

外部リンク[]

Wikipedia[]


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は与国秀行にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。