Bout Wiki
Advertisement
Bout Wiki
1,185
ページ
植松 直哉
本名 植松 直哉
性別 男性
国籍 日本
誕生日 1978年9月10日(43歳)
出身地 静岡県富士宮市
身長 168cm
体重 65kg
リーチ
階級
スタイル 柔道サンボ柔術ムエタイ
所属 SHOOTO GYM K'z FACTORY
→クロスポイント吉祥寺

植松 直哉(うえまつ なおや、1978年9月10日 - )は、日本総合格闘家サンボ初段、柔道二段、ブラジリアン柔術黒帯。静岡県富士宮市出身。クロスポイント吉祥寺(パラエストラ吉祥寺)所属。

来歴[]

高校生時代にサンボの大会で頭角を現す。

1997年12月20日、ザ・トーナメント・オブ・J '97 軽量級トーナメント決勝で宇野薫と対戦し、開始23秒アキレス腱固めで一本勝ち。

1998年9月18日、史上最年少(20歳)でプロ修斗デビュー。

2001年春、タイでウイルス性急性腸炎を患い生死の境をさまよったが、同年11月26日の修斗での渡辺孝との柔術マッチで復帰を果たした。

2005年7月、世界柔術選手権(ムンジアル)茶帯ペナ級に出場。決勝では佐々幸範と初の日本人同士の対決となったが、ポイント0-2で敗退。準優勝となった。

2006年4月15日、トーナメント・オブ・プロズのスーパーファイト(グラップリングマッチ)でパラゴン柔術のジェフ・グローバーに勝利したことから世界レベルのグラップラーとして名が知られるようになる。

2006年5月26日、カリフォルニア州で行われたグラップリング大会LA SUB Xにてレオナルド・ヴィエイラと対戦。2Rにスリーパーホールドで敗れたが、払い腰でヴィエイラをテイクダウンした。

2006年7月1日、カリフォルニア州でグラジエーターチャレンジバンタム級王座に挑戦し、王者ユライア・フェイバーに2R3分35秒、グラウンドパンチによるレフェリーストップ負け。

2007年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。1回戦でハビエル・バスケスに勝利したものの、2回戦で鈴木徹(徹肌ィ郎)に0-5のポイント負けを喫した。

2007年12月15日、第1回ノーギ・ワールドの黒帯ペナ級に出場。1回戦でシェーン・ライスと対戦し、4-8のポイント負け[1]

2008年4月5日、CAGE FORCE 06ジェームス・ドゥーランと対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。

2008年10月23日、DEEP 38 IMPACTでDJ.taikiと対戦予定であったが、右肩(右腱鎖骨)を負傷し、全治2か月となり試合中止となった[2]。12月10日、DEEP 39 IMPACTで改めてDJ.taikiと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

戦績[]

総合格闘技[]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 1 11 3 0 2 0
8 4 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× DJ.taiki 1R 2:30 TKO(パウンド) DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
ジェームス・ドゥーラン 1R 2:26 ヒールホールド CAGE FORCE 06 2008年4月5日
× マルコ・ロウロ 3R終了 判定0-3 Fury Fighting Championship 1 2006年9月27日
× ユライア・フェイバー 2R 3:35 TKO(パウンド) Gladiator Challenge 51: Madness at the Memorial
【Gladiator Challengeバンタム級タイトルマッチ】
2006年7月1日
× 大沢ケンジ 5分3R終了 判定0-2 修斗 The Victory of the Truth 2006年2月17日
× ギルバート・メレンデス 2R 4:30 TKO(左眉カット) 修斗 2005年5月4日
門脇英基 1R 0:45 フロントチョーク 修斗 SHOOTO JUNKIE is BACK! 2004年6月27日
× ジェンス・パルヴァー 1R 2:09 KO(左フック) 修斗 2004年3月22日
戸井田カツヤ 1R 4:06 アキレス腱固め 修斗 WANNA SHOOTO 2003 2003年11月3日
風田陣 1R 1:38 腕ひしぎ十字固め 修斗 2003年7月13日
× ジョン・ホーキ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2003年1月24日
× バオ・クァーチ 5分2R終了 判定0-3 修斗 2002年9月16日
井上和浩 5分3R終了 判定1-1 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.1 2002年3月31日
マイク・コルドッソ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年1月19日
朝日昇 5分3R終了 判定2-0 修斗 R.E.A.D. 2000年9月15日
ジョーイ・ギルバート 2R 3:22 アキレス腱固め 修斗 R.E.A.D. 2000年7月16日
野中公人 3R 3:11 腕ひしぎ十字固め IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
ライアン・ディアス 1R 1:51 アキレス腱固め SuperBrawl 12 1999年6月1日
エリック・ペイン 1R 0:16 ヒールホールド 修斗 SHOOTO GIG '99 1999年4月9日
大河内衛 2R 1:22 TKO(パウンド) 修斗 Shooter's Soul 1999年1月27日
野中公人 5分2R終了 判定1-1 修斗 Las Grandes Viajes 6 1998年11月27日
戸井田カツヤ 1R 2:46 腕ひしぎ十字固め 修斗 1998年9月18日
宇野薫 1R 0:23 アキレス腱固め トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 決勝】
1997年12月20日
松本光央 5分+延長3分終了 判定3-0 トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 準決勝】
1997年12月20日
大内敬 1R 2:18 ヒールホールド トーナメント・オブ・J '97
【軽量級トーナメント 1回戦】
1997年12月20日

シュートボクシング[]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
西内太志朗 3R終了 判定2-0 SHOOT BOXING The age of "S" Vol.5 2002年11月4日

グラップリング[]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 鈴木徹(徹肌ィ郎 ポイント0-5 アブダビコンバット
【66kg未満級 2回戦】
2007年5月5日
ハビエル・バスケス ポイント0-マイナス1 アブダビコンバット
【66kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
この戦績は未完です。

柔術[]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 中村大輔 6分終了 ポイント0-2 Gi2009
【柔術部門 決勝】
2009年12月6日
生田誠 0:12 腕ひしぎ十字固め Gi2009
【柔術部門 準決勝】
2009年12月6日
武林佑 1:01 チョークスリーパー Gi2009
【柔術部門 1回戦】
2009年12月6日
この戦績は未完です。

獲得タイトル[]

  • サンボ 全日本選手権シニアの部68kg級 準優勝(1998年)
  • サンボ 全日本選手権シニアの部68kg級 3位(2002年)
  • コンバットレスリング 65kg級 優勝(2005年)
  • プロ柔術 Gi-06ペナ級トーナメント 準優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権(ムンジアル)茶帯ペナ級 準優勝(2005年)
  • ドゥマウカップ黒帯無差別級 優勝(2005年)
  • デラヒーバ杯ペナ級 優勝(2006年)

脚注[]

外部リンク[]

Wikipedia[]

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事は植松直哉にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
Advertisement